便利で経済的に美味しいお水を飲みたい方へ

RO水について

RO水について

ウォーターサーバーで利用している水の一つがRO水です。
これは、逆浸透膜法という方法によって得ることができる水です。
簡単に言えば、かなり純度の高い水、といえます。

また、ここにカルシウムやカリウムなどを加えたミネラルウォーターもありいます。
最初に純度の高い水にしてからミネラルを配合しているので、バランスが良いミネラルウォーターを作ることができます。

さて、ウォーターサーバーを導入する理由として多いのが、「健康のため」というものになります。
人間の体は70%が水でできているといわれています。
だからこそ、水質に対しては注意する必要があるとされています。
やはり健康を考えると、良質な水を摂取するほうがいいのです。
だからこそ、人は水に対していろいろを気を使ったりするのです。

さて、RO水ですが、ただ飲料水として飲むだけしかできない水なのでしょうか。
といったらそうではありません。
実際にウォーターサーバーを使用していると、どうしても水を飲む、という行為にのみ使いがちですが、
実は料理に使うのにも向いています。
また、赤ちゃんのミルクを作るのにも、純粋な水なのでかなり適しているといわれています。
(ちなみに、硬水は体にはいいのですが、ミルクを作るのには適していません)

また、料理に関してですが、もともと硬水があるヨーロッパの料理を作るときは、
実はRO水は適していないとされています。
RO水が適しているのは日本料理です。

ということで、ウォーターサーバーの導入を検討する場合、天然水にするか、それともRO水にするかを悩んだりすることもありますが、
一般的に、飲みやすい水を求めているならばRO水を、少々味に癖があると感じることがあっても、
ミネラル豊富な水、甘く感じる水を飲みたいと思っているときは天然水を選ぶといいとされています。
なので、自分がどちらの水がいいのか、どういうタイプの水を飲むほうがいいかを考えて、
ウォーターサーバーの水の種類を選ぶのもいいとされています。